神山演劇企画とは


作・演出の神山正和が主宰を務める演劇企画。

役者は勿論、演劇以外のフィールドで活躍している方々を集め、演劇に触れたことの無い方にも演劇の楽しさを広めたいと言う思いから発足。
演劇でジャンルを越える架け橋にと挑戦をしている企画。

2017年1月に公演された「この時が終わる前に」では仮面ライダー剣やテニスの王子様で知られる森本亮治、烈車戦隊トッキュウジャー/トッキュウ5号カグラ役で知られる森高愛、モデルの田中真琴、アイドルの涼本奈緒(atME)を迎え、大成功をおさめた。

2016年4月にて上演された『戯曲乙女~Lies and Truth~』にて全5公演完売満員を記録。
楠ろあ、緑川百々子(ソニーミュージックアーティスツ)、不破要、あわつまい、街子、小日向くるみ、河下理恵、倉口桃、桜弓正和、藤村聡を迎え入れ役者のみならずモデル、声優、レイヤー、グラビア等垣根を越えた演劇を完成させる。

2015年3月に三鷹文化センター星のホールにて上演された、四人芝居『RE:IAM』にて旗揚げ。
ホールクラスの舞台にモデルの街子、篠崎瑞希、不破要、役者の白生穣治の"四人芝居"で挑み大成功を納めた。

powered by crayon(クレヨン)